読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nakumelo’s blog

関ジャニ∞のこと・新喜劇のこと・その他諸々、長い文章で語りたいときはこちらを利用しています。 Twitterアカウント→@EtoileMelimelo

悲しみの忘れ方~joy!joy!エンタメ新喜劇第四弾公演レポ 前編~

  新喜劇が誇る、変幻自在エンターテイナーでスーパーエース、そしてついには時期座長候補のひとりとなったアキさんの「joy!joy!エンタメ新喜劇」第四弾初日公演へ行って参りました。

  ……しかし地元から新幹線で大阪に揺られる私の心はどこかどんよりモード。その時期、些細なことではあるのですが仕事の人間関係で行き詰まってしまい、憂鬱な気分のまま出発を迎えてしまったのです。

  「心の弱い私がここまでなんとかやってこれているのは、今は新喜劇があるからだ。でも、辛いとき苦しいときに新喜劇を見るなんて、これは“逃げ”というか……“ずるい”ことではないんだろうか……」

  そんなことを悶々と考えながら、大阪到着→ホテルへチェックイン→ささっと夕飯→NGK内でホンワカパッパー隊撮影&買い物 などをしているうちに開演時間となりました。途中、ホテルのエレベーターで一緒になった金髪坊主のオバハンに舌打ちされたり、開場して席へ向かうとめっさおっかなそうなヤンママがどっかりと座ってたり(間違い指摘したらすげーめんどくさそうに正しい席に戻っていった。ちなみに謝罪なし)とビビりなワシにはしんどすぎるほどの緊張の一瞬を過ごし、いざ開幕。

  幕が開くとそこは周りをホテルや教会に囲まれた静かな公園内。ラーメン屋の屋台と、「ビッグチャンス」という名の喫茶店があります。そこをバッグにノリノリで踊る若者たち。と、客席からどよめきが聞こえ、そちらを向くと、なんとアキコさんが客席を通って舞台へ!!そのまま若者たちとダンスを踊ると、アキコさんの掛け声で新喜劇本編スタート!!


  デートにやってきた玉置さんと、その彼女である真希ちゃん・まりこりん・まりこちゃん。ちょうどラーメン屋さんの屋台があるから、ここでごはんにしようよ!ということになりました。ラーメン屋の大将はゆたかさんなのですが、本日新しいバイトを雇ったとのこと。

  と、そこへ響き渡る「東京ブギヴギ」、そしてセグウェイに乗ったアキコさんが颯爽と登場!!しかしアキコさんもセグウェイは初めてだったらしく、慣れない操作ゆえになかなかコントロールが効かず、止まることが出来ない……と思っていたら、なんと持ち手部分と足元の乗り場が見事に真っ二つに取れてしまうハプニング発生!!アキコさん曰く「怖いからぎゅっと握りすぎて上に力が入りすぎたみたい」とのこと。

そんなお騒がせバイトのアキコさん、周りがとても静かで人通りも少ないのを見かけて「大将はなんでまたこんなところで屋台を出したんですか?駅前とかのほうがお客さんたくさん来そうなのに…」と素朴な疑問をぶつけます。それに対し、歯切れが悪い返事をするゆたか大将。なにかワケアリのようです。
  そこへ、喫茶店「ビッグチャンス」のオーナー、一の介さんが登場。そしてまもなく一の介さんの娘である景子ちゃんが帰宅。景子ちゃんを見つめるゆたか大将の目が輝いているのを見て、「なるほど景子ちゃん目当てなのか」と屋台出店の理由を把握するアキコさん。しかし景子ちゃん、なんと女優の勉強をするため明日からアメリカ留学へ旅立ってしまうとのこと。がっくりと肩を落とすゆたか大将を見て、どうにか明日までに告白できたらいいのに、とアキコさんは思うのでした。

  そして従業員でもある景子ちゃんが明日からいなくなるため、「ビッグチャンス」でも新しいバイトを雇ったのですが……ここまできたらもう皆様予想がつくように「初日から遅刻」しているのです。そうです、アイツなんです!!

「わぁぁすいませーーん!!遅れてしまいましたーー!!」と叫びながらやってきたのは、新喜劇が誇る暴走老人・茂造!!バッグを蹴り飛ばす替わりにおもきしゆたか大将の顔面にぶつけ、そのときの音がこれまでの公演で聞いたことのない「ボフッ!!」という、バレーボールとかドッジボールの試合で聞くような音!!茂造曰く「joy!joy!では手加減しないって決めてるんや」そうです。茂造が遅刻した理由は相変わらず変な夢を見たことによる寝坊なのですが、「タクシーが停まって、ASKAと清原が出てきた」というかなりタイムリーな夢でした。ドラッグ、ダメ、ゼッタイ。
  そんなハチャメチャジジィの茂造をアキコさんはたしなめますが、茂造に元気よく「すいませーん!」と呼ばれるとつい「いーいーよぉー」と許してしまい、すぐに仲良しになりました。

  と、そこへいかにも「誰か出てきますよ」的な音楽が鳴ったのに、誰も出てこなくてズッコケる一同。少し間が空いて警官のスケちゃんが出てきましたが、几帳面座長な茂造はそれが許せず、「もっかいやりなおせー!」と下手に戻すことに。ここから棒読み気味なうえに相変わらず「ザ行」が「ダ行」になるグダグダっぷりを発揮するスケちゃん警官とそれに対していちいちひっぱたいてツッコむ茂造との攻防が続きました。いつかこの二人が絡んだらえらいことになりそうだと思っていましたが、ここまで大騒ぎになるとは……
  そしてさんざん茂造にひっぱたかれダメだしされまくったスケちゃん警官、「銀行強盗が逃走中だから気を付けて」と注意を促していきました。これだけ言うのに3分ぐらいかかってたなぁ。


  アキコさんがラーメンに使うネギを買いに行っている間、茂造・一の介マスターも交えて、どうやったら景子ちゃんへ告白出来るか考えるゆたか大将。なんでも昔好きだった女の子に告白してこっぴどくフラれたトラウマから、なかなか上手く告白できなくなってしまったとか。そこへやってくる一人の小柄な老紳士……いや老婆。新喜劇の重鎮、桑原レジェンドが演じる和子おばあちゃんです。  ゆたか大将の祖母である和子おばあちゃん、孫が結婚できるのかどうかを心配してこうしてたまに様子を見に来るそうです。

  和子おばあちゃんと入れ違いに入ってきたのが、ドタバタと走ってきてゼェハァと荒い息を整え、「……なに?」と尋ねてくる黄色スーツのチョビヒゲやくざのアキさん。今回アキさんの変化が多いのも見物でした。

新喜劇ではお馴染みの展開、一の介マスターが保証人になったが故に出来た、300万円という多額の借金を取り立てに来たのですが……普段の新喜劇なら「そんな大金急には無理です!」と慌てるのに、涼しい顔であっさりと懐から300万円の入った封筒をヤクザアキさんに渡す一の介マスター。景子ちゃんのアメリカ留学の足しになればとさっき銀行で下ろしてきたばかしだったそうです。これにはヤクザアキさんが逆に大慌て。「あとからまた来ること出来ないじゃないか!!」と苦し紛れに本来全然関係ないゆたか大将の屋台にまでケチをつける始末。いいからさっさと帰れよー!と追い詰められるヤクザアキさん、「俺の子分がいるんだ!そいつに落とし前をつけさせる!おい、こっちだ!!」と誰かを下手から呼び出します。

  そこへ出てきたのはなんと、あの「ミヤネ屋」の宮根さん!!しかもアキさんそっくりの黄色のスーツにチョビヒゲスタイル!!実は宮根さんは吉本新喜劇、特にアキさんのファンで、「Mr.サンデー」のハロウィン特集コーナーでもアキさんのコスプレを披露したほど。そんなご縁で今回こうして夢のコラボが実現したそうです。もちろん「すいませーん!」「いーいーよぉー」とお馴染みのやり取りを本家同様交わし、ミヤネアキはニコニコ満足げに帰っていきました。帰り際には「明日もミヤネ屋見てねー!」という告知も忘れてませんでした(笑) そんな子分を見送ったあと「ば、バカヤロー!!」と本家ヤクザアキさんも去っていきました。

  やがて買い物からアキコさんが戻り、今度は一の介マスターと茂造が出前にいくことに。そこにゆたか大将の友達でミュージシャン志望の真也さんもやってきて、彼の得意なギター演奏も交えて景子ちゃんへ告白しようとアキコさんと共にサポートしますが、やはり上手くいきません。


  と、そこへ駆け込んでくる三人の男たち(森にぃ・もりすけさん・太一郎さん)。彼らは先程スケちゃん警官が注意を促していた逃走中の銀行強盗で、なんと景子ちゃんを人質に、逃走用の車を要求してきました!!

  一体アキコさんはこの危機をどう乗り越えるのか!?ゆたか大将は無事告白できるのか!?そしてアキさんが舞台を通して教えてくれた「悲しみの忘れ方」とは!?

後半へ続きます!!